終末期の方から頂いた感動的なお言葉。

代表金山は、毎週、緩和ケア病棟にアロマトリートメントのボランティアに行っています。

その中で、感動的なお言葉を頂いたので
ご紹介します。

 

 

 

この方は、アロマトリートメントをとっても喜んでくださる。

「最高の時間だわ。
こんなに気持ちがいいのは、初めて。
究極の癒しって、このことだわ。
なんか、頭と心と体が一つになる感じ。」

って、おっしゃってくれた。

 

 

 

 

施術中ウトウトされ、でも小さな声で
「あぁ‥きもちいい‥  」と声がもれる。

 

そして、
「あなたの手の温かさから、あなたの温かさ、優しさが伝わってくる。
なんか涙が出そう」と。

 

私の目からも、涙が出そうになる。

「最後にこんなに気持ちよくしてもらって幸せ。
安心していける」

 

きっと、死期を意識しておられるんだろうな。

 

緩和ケア病棟で出会う方は、週が明けるたび様態が
下って行かれることも少なくない。

そんな中、私に何ができるのか。

手を通して、香りを通して。
何か安らぐひとときを。ほっとできるひとときを。
心地いいと思って頂けることを。

なにかお手伝いできたらなと思うのです。

 

きっと、この思いをお持ちの看護師さん、介護士さん
たくさんいると思うのです。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています